だんだら、ゆらら…

月がとっても青いから、遠廻りしてかえろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

血と骨(下)

血と骨〈下〉 (幻冬舎文庫)血と骨〈下〉 (幻冬舎文庫)
(2001/04)
梁 石日

商品詳細を見る


昨日読了。

んー。

まぁそうね、な最後でした。
一人の男の生き様を描いているので、別に最後になにがあるというものではないです。

読了はすっきりが好き

な人にはお勧めしません。
エログロのえぐい話が苦手な人にもお勧めできません。

面白かったか?

と母親にも聞かれたのですが、返答に困りました。
結構な分厚さの本ですが、先が気になって気になって一気に読みましたし、そういう意味では面白かったと思います。ただあまり後味は良くない。何かをこちらに問いかける、という本でもない。ただただ事実を淡々と綴りあげ、目の前で展開させていく。著者の筆力に巻き込まれ、あれよあれよと話は進む抗いようのない力が存在する本です。

凄い本ではあると思います。
でもこの本に何かを求めてはいけません。
すがったり、頼ったり、求めたり、そんな共依存的な読者の思いはおろか、哀れみや、共感や、悲しみ、そういった感情すらも一切拒否し、壮絶なまでの孤独を描いた作品です。


私にはある意味読後に何も想わなくていいので、楽な本ではありました。
スポンサーサイト

奥田 英朗著 精神科医伊良部シリーズ。

イン・ザ・プール (文春文庫)イン・ザ・プール (文春文庫)
(2006/03/10)
奥田 英朗

商品詳細を見る


空中ブランコ (文春文庫)空中ブランコ (文春文庫)
(2008/01/10)
奥田 英朗

商品詳細を見る


町長選挙 (文春文庫)町長選挙 (文春文庫)
(2009/03/10)
奥田 英朗

商品詳細を見る



映画を見て原作を読む、という私には珍しいパターンをとった作品。
映画も面白かったですが、やっぱり原作の魅力には敵わない。
電車で飛行機で美容院で病院で、笑いが止まらなくて大変でした。
本読んでニヤニヤニヤニヤ…ただの気味の悪い人に見られてるとは思っても、笑いを止めることができませんでした。

どれも面白くて、一気に読めます。

が、三冊目になるとちょっと勢いがそがれてきたかな。
町長選挙は今ひとつでした。

初期の頃のただの馬鹿としか思えない、破天荒なめちゃくちゃっぷりが伊良部先生の持ち味なんですが、作者も愛情が沸いたのかちょっと伊良部の賢そうな部分が見えたり、患者を治しちゃったり(医者なんだから治さないといけないんだけど)、ちょっといい話な部分が見えて残念。

でもなんだかんだ言って、次も次も!もっと読みたい!と思わせる作品です。
奥田英朗さんはうまいなぁ。
凄い作家さんです。

お勧めは空中ブランコに収録されてる「義父のヅラ」。
病院で読んでて、呼吸困難で死ぬかと思いました。

闇の子供たち

闇の子供たち (幻冬舎文庫)闇の子供たち (幻冬舎文庫)
(2004/04)
梁 石日

商品詳細を見る


梁 石日氏の作品に触れたのは、こちらが先。
映画化か誰かのブログでこの本の存在を知り、読みたいと思っていたところ、たまたま本屋で見かけて購入に至りました。

内容はショッキングな謳い文句どおりの作品です。テーマの幼児売買春や人身売買、臓器売買に加え、エイズに暴力にエロにグロにロリコンに変態プレイ(ナニを変態とするかは人によると思うが、この本に描かれているような行為は到底私には受け入れられないし、変態的としか思えない)の数々…

ぎゃーーーーーーー

と思わず頭を掻き毟りたくなるような作品です。あまり年齢の低い子供たちには読んで欲しくない、と私は思いました。
ちょっと酷いというか刺激がきついといおうか。

ものすごく詳しく説明してあります。
幼児との変態性交シーンを。
心の底から気持ちが悪いと思う行為を、生々しく描き出してます。思わず作者は経験者じゃないのかと思うほどに。
そして年端もいかないような子供たちを性の対象として扱い、商品として道具として使っている世界に絶望します。恐怖です。軽蔑です。

悲しみよりも腹立たしい。
本当に腹が立ちます。
気持ち悪さももちろんあります。

フィクションとはありますが、世界のそこここで行われているであろう、悲しい現実の一端なんだろうなと感じました。もしかしたら、もしかしなくても現実はもっと酷いものなのかもしれません。

ちなみに主人公?の日本人女性に関しては、どうも彼女の思考や行動に賛成できかねる部分が多く、うっとうしさすら感じてしまいました。

別に日本人であることを恥じなくてもいいと思います。>主人公の日本人女性


自分が親となったとき、再読するとまた違った思いが沸いてくるのだろうと思います。
いずれにせよ、読んで気持ちのいい本ではありません。

血と骨(上)

血と骨〈上〉 (幻冬舎文庫)血と骨〈上〉 (幻冬舎文庫)
(2001/04)
梁 石日

商品詳細を見る


読了。
まだ上巻だけなんですけど、なんかこう…何かが胸につっかえる。
重苦しい本です。

非常に微に入り細に入り、作者の父親をモデルにした主人公の悪行乱行その他諸々を描いているので、別に私の旦那でも、父親でも、ましてや現実に隣にいるわけないのですが、その異常な行動と激情に恐怖さえ覚えました。後半は心の中で、主人公の奥さんに「逃げてー!」ってもうハラハラしっぱなし。読みながら、手に汗握って単行本のカバーがベコベコに。

いやーホラーとは違う恐怖を味わえました。
脂汗かいた。

話としては面白いですが、
エロ
グロ
暴力
に反射的に拒否反応を示す方には無理な本でしょう。
あと軽くですが、カニバリズム(食人)もあります。
無理な人はやめといた方が無難かもしれません。
ご飯食べられなくなるかも。

明日は下巻買ってきて読んでみます。

むきょ~!!

男性声優声優からのラブレター

をやってみました。

結果

はなぶさゆらちゃんへ

会う事も少ないし、話す事も多くはないんだけど、何かに夢中になっていないとすぐにはなぶさゆらちゃんのことばかり考えてしまうんだ。
こんなに誰かのことを好きになるなんて、自分が一番びっくりしてるんだ。
気が付いたら握手会で、ライブで、スタジオではなぶさゆらちゃんの姿ばかりいつも探してて、いないって分かってるんだけど変だよね。
今日の朝、見かけたときに何度も話しかけようともしたし、何度も思いを告げたいと思ったんだ…。
でも、出来なかった。
俺はもう、人を好きになってはいけない、好きになる資格なんてない。
俺はもう、幸せにはなれないんだ・・・。
だけど、どうしてもこの想いは伝えたかったから。
鈴村建一がはなぶさゆらちゃんに興味あるって言ってた。
一番の親友の鈴村建一なら、きっとはなぶさゆらちゃんの事、幸せにしてくれると思うんだ。
お願いが一つあるんだけどいいかな?
はなぶさゆらちゃんが好きなネックレス、頑張って手作りで作ってみたんだ。
3月17日にお家に届くと思うから。喜んでもらえるといいんだけど・・・。
最後まで読んでくれてありがとう。

大好きだよ。高橋広樹より


はわわわわわ!!
知ってたんですか?!
知ってたんですよね?!
私が鈴村さんを好きなことーーー!!!
きょーーーーーーーーーーー
しかも高橋広樹さんも好きだよ。
おっとこまえだし!リアルに!

ちょっと嬉しくなりましたよ。
鈴村さんの漢字間違ってるけど。*正しくは鈴村一さん。

ついでにこっちもしてみました。

金色のコルダのキャラからのラブレター

はなぶさゆら だと 土浦梁太郎からもらえ、
本名だと 加地葵(cv宮野真守)からもらえました。


。。。。。。。。。。。。イマイチ。

私は月森蓮(cv谷山紀章)が良かったの!
ゆのきんでも良かったけど!

っつーわけで色々試しましたけど、結局目当ての二人からは頂けず。
もう面倒なので、諦めました。

でも男性声優からのラブレターはあまりにピンポイントだったから、
すっごい嬉しかったです(笑)
えへへへへ、、うふふふふ、、、






。。。。。。。。。。。。かわいそうとか言うな。
私だって一生懸命それなりに生きてるんだ。

凛子嬢出演*バベル*

封切前からオスカー受賞やらなんやらかんやらで話題騒然だった映画

バベル

見てきました。見に行くの、嫌だったんですけどね…。大体大げさに騒ぎ立てるオスカームービーって大概期待はずれだし。どこがええんや?!だから何?!と思うの多いし。そんな不安を胸に抱きながら映画館へゴー。封切られたと同時に、見てたら気分が悪くなった、ということでも話題になったバベル。2時間ちょっとありましたでしょうか。




あぁ、長かった。。。

ブラック・ダリア

ブラック・ダリア コレクターズ・エディション 2枚組 ブラック・ダリア コレクターズ・エディション 2枚組
ジョシュ・ハートネット (2007/05/18)
東宝

この商品の詳細を見る



を鑑賞。
2時間弱だったのに、ものすごく時間の流れが遅く感じて辛かった…。でも最後まで見ないともったいないと頑張って見ましたよ。貧乏根性。

話はえらく引っ張るわりにはしょうもないオチで、正直どこら辺が素晴らしいのかさっぱり…。サスペンスなんか人間ドラマなんか、恋愛物なんか刑事物なんか、も~どれ~!とイライラしてしまいました。正直見初めて30分くらいで飽きました。世界観に。ひとっつも話が進まんし。

しいて言うなら映像かな。
暗くてエロくて豪華で繊細。
グロはわざわざ入れてますーって感じがどうもねぇ…。
入れるならもっとグロくすればよかったのに。
中途半端やなぁ。
なんとか最後まで行き着きはしましたが、もう二度と見ないだろうな…。

あぁ…時間が無駄に…。

ブラッド・ダイヤモンド

うぅぅぅぅぅ

泣きましたよ、ブラッドダイヤモンド

昔々その昔。
ギルバート・グレイプ ギルバート・グレイプ
ジョニー・デップ (2005/08/26)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る


を見て以来レオ様好きなワタクシは、やっぱり演技が巧い。巧いよレオさま!!!!!演技が巧いことも忘れるぐらい巧いよ!!!と心の中で絶賛。あげく「なんでオスカーじゃないのさ!」と帰り道でぶつくさ。それくらい、とにかくレオ様が素敵でした。
ただ、

「おっさんになったなぁ…レオ様」

とも思いましたが。時の流れって残酷ね…。でもやっぱり素敵。

ところで。今回前情報を全然入れずに行ったので、見てびっくりしました。

はっ激しい!!!

私はもっと社会派の静かな映画かと思ってましたが、かなりアクション戦争映画だったのねと開始早々感得。そして少々刺激的なシーンに心臓ドキドキ。一緒に行った母も「ちょっとあの残虐シーンには驚いたわ…」と憂い顔でした(笑)

内容は深く考えさせられます。
今現在も、この時、この瞬間、この地球上ではあの映画の中で行われていたような行為は行われていて、私達はなんて平和で、恵まれた環境にいるんだろうと見ている間中考えてしまいました。快楽殺人や通り魔犯罪、軽々しく殺人を犯す人々。ばかばかしく浪費する時間・お金・食料・資源。ぼんやり生きてるなーと思ったし、私ってやつは…と改めて思いました。

私達は全てに恵まれすぎた故に、堕落の道を辿っているのかもしれません。

約2時間半、退屈することなく楽しめました。
映画館で見てよかったと思えた映画でした。
プロフィール

英 侑良

  • Author:英 侑良
  • ●だんだら、ゆらら...はリンクフリーです。ついでにトラックバックもコメントもフリーです。ただし著作権は放棄しません。
    ●twitterはじめました。dandarayurara。たまに呟いてるかもしれません。
ブロとも申請フォーム


現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。