だんだら、ゆらら…

月がとっても青いから、遠廻りしてかえろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

不安。

私がお世話した犬の里親さんのお話。

里親募集話は私の幼馴染から。
幼馴染の知り合いのワンコが子供を産んで、その里親を探しているということで、私も私の知り合いにちょこっと声をかけてみてました。
が、なにせ犬種がラブラドールなので、多分無理だろうなーと思っていたら、会社の先輩が名乗りを上げてくれました。ちょうど飼っていたワンコが2年前に亡くなり、もう二度と飼わない!と思っていたけど寂しくてしょうがないからそろそろワンコを…と思っていたんだそうです。

そして無事、1匹のラブが先輩のお宅に家族として迎えられました。


最初は「もうずーーーーーーっと犬を飼っているから大丈夫」という声(会社の人たちも先輩の家は犬をずっと飼ってるから大丈夫と言っていた)を信じてラブを送り出したのですが、正直今とても不安です。

先輩のラブは着実に大きくなっています。

成長に伴い、とても不安な話を聞くようになりました。
先輩の言うことを聞きません。
先輩を本気ガミしています。
少し前に様子を見に行ったときも、とても問題児に育っている印象を受けました。

ラブは賢い、とお思いの皆さん。
私は賢いからおとなしいとラブを選ぶのであれば、セントバーナードやグレートデンをオススメします。
超大型犬は、心もでかいです。
本当にラブは訓練が必要な犬種です。
きちんと良い悪い、誰が主人で誰が上かをきちんと分からせないといけません。
頭が良い分、悪賢い。
悪いこともきっちり覚えていきます。
そういう意味でも、とても頭が良いなぁと感心します。

そんなラブをきちんと扱えていない先輩。
非常に不安です。

先輩の家はよくよく聞いてみたら、ラブサイズの犬を飼ったことがない。
きちんと躾をしてない。
体調管理(エサなども含め)に不安がある。

ワクチンやヒラリアの予防、去勢、体調がおかしければ即病院などなどきちんとそういう面ではしていただいてます。

が、躾をきちんとできなければそのうち持て余してしまうんじゃないかと不安です。
とても心配です。
はぁ。。。
スポンサーサイト
[ 2008/05/05 01:13 ] ワンな家族 | TB(0) | CM(0)

わんわわん。

里親募集されてる方のブログを日々眺める侑良です。


「飼いたいなぁ」


と、


「是非引き取りたいなぁ」

と思うのですが、いかんせんうちには”他人大嫌イーナ”1号と、”ビビリンヌ”2号がいる。しかも1号は老犬、2号もすっかりいいお年。まぁ、2号はすんげー元気なんで、子犬を受け入れる広い心があれば大丈夫なんでしょうが。広い心があれば、の話ですけども。

老犬1号のストレスや、今後のこと(ボケるかもしれないし、寝たきりになるかもしれない)を思うと、今すぐ新しい子をお迎えできない。

歯がゆいなぁ。。。


ほんと、わんこを家族に、と思っている方。
ぜひ里親募集サイトを覗いてみてください。
かわいい子、たっくさんいるし、純血の子もたくさんいます。
[ 2008/02/12 00:01 ] ワンな家族 | TB(0) | CM(0)

ダレや!!!

新年一発目の話題がこれとは、って感じですけど、どーにも腹に据えかねるので、書きます。


ダレや!うちのカワイイ2号に物ぶつけて、左目の下タンコブ作ったボケは!!!


*2号とはうちのカワイイ愛犬(バーニーズ)です。

事件は正月早々起こったようです。
明け方。
起きていた母。
お外に放し飼いにしている2号がえらく吠えているので、
「なんかいなー???」
と思っていたら、急に2号の


ぎゃひんっ


という声。
それとともに静かになった2号。
しかし犬が好きではない母は、そのまま外に2号の様子を見に行かず、しばらく様子をうかがっていたところまた2号が


ウゥゥゥゥ…(唸)


と言い出したので、寝たとのこと。
その次の日、2号の左目の下はぷっくりと腫れておりました。
凶器は正直なところわかりません。
もしかしたら2号が誤ってどっかにぶつかったのかも…とも思ったのですが、いくらボーっとしている2号でも、場所が場所、しかもタンコブの形状的に柱でぶつけたとも思えない。母がたまたま耳にした異常な2号の吠え方・鳴き声などの状況から考えて、どこぞのボケがうちのカワイイ娘に石でも投げつけたとしか思えない。


許せん。


ゆるせ~~~~~ん!!!!!


なんでそんなことができるんや!
たとえ吠えても、オマエが怪しい行動しなかったり、普通に通り過ぎれば、2号も「あっ行ったな」って吠えるんやめるわい!


なんでそんな心無い行動できるんかな!
えぇ!コラッ!!


…というわけで、大変腹立ったので、もしもまたこういう事態が発生したら、すぐさま侑良が飛び出し、その犯人に2号がされたのと同じことしてやろうと思います。
石投げられたなら、投げてやりますし、棒でド突かれたなら、ドつき返したります。

絶対許さん。


でも本当によかったのは、目に直撃してなかったこと。
失明していたら、と思うとぞっとします。


ほんま犯人ド突き回したい!
[ 2008/01/10 22:27 ] ワンな家族 | TB(0) | CM(0)

あなたは本当に動物と暮らしたい?~里親という選択肢

こういう書き方をすると、里親募集活動されてる方は不愉快な思いをされるかもですが…

犬や猫を初めて飼う人は特に、里親募集活動をされている方から、犬猫を家族として迎え入れるってとてもメリットがあると思うんですよ。

なにしろその犬猫が初心者でも飼えるかどうかわかる。

成犬・成猫であればあるほど、里親募集されている方が、その子の性格をよく把握しています。(というか、熟知しているようなきちんとしたボランティアさんから、家族として迎えた方が良いと思う)

[ 2007/09/28 04:59 ] ワンな家族 | TB(0) | CM(0)

あなたは本当に動物と暮らしたい?

最近動物保護センター(簡単に言えば犬猫を殺処分する施設)から犬や猫などを引き出したり、捨てられた犬猫を保護して里親募集されている人のサイトをよく覗いてます。

本当にね、日本のこの動物に対する態度はなんなのかと。

確かにどういう態度で犬猫を飼うか、なんて個人の自由なんでしょうけど、○○さんが飼ってる犬がカワイイから、ブログで見てあこがれて、アクセサリー感覚、流行だから等のとんでもない考えで飼いはじめる人を本当によく見かけます。

本当に本当に本当に!もっと心して犬猫を家族に迎えて欲しい。
ちょっと検索して、センターでの犬や猫の様子をアップされてるブログさんをご覧になっていただきたい。

[ 2007/09/28 04:07 ] ワンな家族 | TB(0) | CM(0)

犬が飼いたい…。

常々

「犬が飼いたい」

とほざいては「あんたもう2匹もいるでしょ!!!!!」と親に激怒されている侑良なんですけども。もうね、ほんとうにね、もんのすんごい喉から手が出るほど飼いたい子がいるんです、今。どこのどなたかは私の一方的な片思いなので申せませんが、彼女はセンター(平たく言うと保健所ですね。わんにゃんを殺処分する公的施設)から保護された子。里親募集されている子です。まだまだヨチヨチの赤ちゃんで、写真を見て一目ぼれ。今までそんなことなかったのに、ピンッきたね(勝手に)。だってだってだってものっ凄いかわいい!なんでこんな子に里親が殺到しないのかがわからない!垂れた耳、でっかいくりんとした目、丸いあんよ。どこをとってもカワイイ。欲しい。

アイツが欲しいぜこんちくしょーーーーーーーーーーー!

と写真を見るたびモニターの向こう側で絶叫しているんですが、いかんせんうちには老犬1号とびびりんぼで甘えんぼな2号さんがいらっしゃるわけで。2号はまぁいいとしても、1号はかなりいいお年なので精神的負担をかけたくないというのが母心。肉体的にも色々ガタがきてますしね。

どうかどうか彼女に一刻も早く里親さんが決まりますように。さもないと勢い余って里親立候補してしまいそうよーーーー!あぁ~犬が飼いたい~!
[ 2007/06/06 23:29 ] ワンな家族 | TB(0) | CM(0)

商品価値のない犬。

珍しく前のエントリで神妙になっていますが、それはうちの愛犬2号

2gousann.jpg

別名どん くさ子

が、売れない子だからうちに来た、からです。2号さんは持病の百貨店やー!なんてことはないですが、先天的に股関節がイマイチで、両耳揃ってアレルギー持ち、ワキガ持ち(体臭が強いのでそう呼ばれている)の上にオツムが弱いというお気の毒な子です。


2gousann1.jpg

「この間はシャンプーした直後水溜りの上に寝転んで、鬼軍曹(侑良)に怒らりたよ!」

そして商品価値、というかコンテストなどに出せない理由として、左右の目の大きさが違う、毛の色の入り方が悪いなどもありました。(耳のつき方?大きさもイマイチ)そのため「どうすっかなー」状態だったこの子は、うちにやって来ました。鬼のようにけなしてますが、この子は上記のことをすっ飛ばすような素敵なものを神様に与えられています。それは

性格の良さ。

穏やかで優しくて、甘えっ子で物静かな性格は、この子が持って生まれた宝物です。飼った犬でも20匹、関わった犬となると数十匹に上るであろううちの父でさえ、

「今まで関わったどの犬よりも、性格がいい」

と言うほどいい子です。でももちろん長所があれば短所があります。確かに2号さんはどんくささで笑いを提供し、愛らしさで癒しを提供してくれますが、怪力ゆえに私を突き飛ばしたり(本人悪気はなくとも、私が弾き飛ばされる)、ブンブン降る尻尾ですら植木鉢を吹っ飛ばしてハチを粉々にすることができ、庭に大穴を掘って罠をしかけたり、無邪気に水溜りの上に座ったり泥水の中を走ったりします。たまに「殺してやろうかな…」って思うこともあります。可愛さ余って憎さ百倍。

でもね、かわいーんですよ。バカでどんくさくでびびりんぼで怪力でも。その価値は、商品という尺度では計れません。どうもブランド志向や流行によって犬を選ぶ人が多いようですが、その影で2号のように商品価値がない犬は、悲しい目に遭わされているんです。犬はアクセサリーでもブランド物でもないです。命なんです。

もうちょっと真剣に犬や猫を飼って欲しいなぁと思います。本当に心の底から。
[ 2007/06/01 10:06 ] ワンな家族 | TB(0) | CM(0)

ちんけな言葉では言い表せない。

http://www.animalpolice.net/jititai/himawari/index.html


まずはドウゾ上記リンク先をご覧あそばせ。
安易にペットを買い、捨てる人が横行しています。
ペットが年を取ったから、しつけがうまくいかないから、懐かないから、住環境の変化などで飼えなくなったから、病気になったから、増えたからナドナド、随分自分勝手で身勝手な人間側のわがままでそれまで一緒に暮らした家族を捨て、虐待し、殺す人々。

決してこれはペットに限ったことでなく、人間に対しても同じことが言えると思います。子供を簡単に捨て、殺すバカな親は後をたちません。この間はバイクのヘルメットを入れる部分に子供を常習的に(と私は思っています)詰め込み、殺したバカ親。連日連夜報道される、人を人とも思わぬ尋常じゃない虐待に、胸を痛めている人も多いことでしょう。この間は、若い母親がスノボーに行ったり遊びほうけたりして3ヶ月も乳幼児2人を家に放置し、乳児は死亡していたという事件もありました。助かったお兄ちゃんも、命は助かりましたが心の傷は一生消えるものではないでしょう。どちらもケースも行動の結果が安易に想像できるものです。入れたら死ぬな、とかおいてったら死ぬな、とか。というか心配じゃないんでしょうか。その時点でキチガ○としか思えませんけど。

こういう鬼畜親には同じ目に合わせてやればいいと、常々思います。同じく動物虐待をする鬼畜も、動物にしたことをそのままされればいい。

また動物という命を大事にできない人が、どうして他人である子供の命を大事にできようか。動物は物ではありません。犬畜生には感情がない、と言われますが、いいえ。決してそんなことはないと私は思います。彼らは嬉しいと弾けんばかりに尻尾を振り、悲しいとしょんぼりうなだれ、怒ればムッとし、楽しいと笑います。楽しい、嬉しい、幸せ!と思っている犬は、それはもう見ているこちらが嬉しくなる幸せ顔をしています。それは飼い方の問題ではありません。室内で飼ってるから、いいドッグフードをあげてるから、いい洋服を着せてるから…ばかばかしい。そういうことではないんです。

上記のフラッシュにあるように、捨てられ動物愛護センターという名の処刑場に送られる犬猫は後をたちません。またセンターに送られるのは野犬だけでなく、ペットショップで売れ残った子達や安易にはじめたブリーディングの犠牲になった子達もいるのです。

昨今は誰でもスグにでも希望のペットが買えます。しかし今一度動物を飼うときに終生きちんと責任を持って愛する事ができるのか、よく考えて欲しいのです。犬を愛し、飼っている身としては、安易に飼い始め、すぐに捨てられる現状が悲しくてしかたありません。犬猫も命があり、私たちと同じように食事もすれば排泄もし、それぞれ性格があって決して思うようには育ちません(ここらへん人間の子供と同じやと思います)。いたずらもするし、して欲しくないこと(イスを噛んだり壁を引っかいたり、上がって欲しくないところに上がったり、靴をバラバラにしたり、洗濯物をパクって泥だらけにしたり)も山ほどします。

それでもあなたは終生責任を持って愛せますか?

安易にペットを飼わないで下さい。
安易に子供を作らないで下さい。

もしもなにか思うところがあれば、ボランティアで保護をされている方々のブログやHPを覗いてみてください。信じられないような惨状に喘ぐ子達がたくさんいます。

どうかどうか不幸な子達が、一刻も早くいなくなりますように…。
[ 2007/06/01 09:08 ] ワンな家族 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

英 侑良

  • Author:英 侑良
  • ●だんだら、ゆらら...はリンクフリーです。ついでにトラックバックもコメントもフリーです。ただし著作権は放棄しません。
    ●twitterはじめました。dandarayurara。たまに呟いてるかもしれません。
ブロとも申請フォーム


現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。