だんだら、ゆらら…

月がとっても青いから、遠廻りしてかえろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

生きててくれるだけでありがたい。

「え~と、祖母が死にそうです。」


なんて書くと、危篤かと思われそうですが、そうではなく。今現在は元気です。が、しかしいつどうなってもおかしくない病気と日々闘ってくれています。

今年の春、生きていてくれるだけでありがたい。そんな当たり前のことなんだけど、当たり前すぎて見逃していたことを痛切に実感することがありました。

たとえ寝たきりでも、車椅子でも、大切な人が生きていてくれるだけでどれだけありがたいことか。死んでしまったら、もう何もしてあげられない。思いを通わせることはおろか、手も握ることすらできない。


それはアナタのエゴだよ。

そういわれるかもしれない。それでも大切な人には、1分1秒でも生きていて欲しい。たとえそれが残されるもののエゴであっても。
なぜ遊び半分のような気持ちで、人を殺めることができるのか。手にかけたその人は、誰かの狂おしいほど大切な人。そんなことも分らない、希薄で軽薄な人間が、ただただ恐ろしい。


祖母の死を見つめると、祖母の願いも見つめる私が居る。祖母の想いと、今の私。1人になると、部屋で、車で、日々泣き暮らす今の私。祖母の切なる想いを考えると、今の私はあまりに悲しい。


消えてなくなってしまえれば、楽なのに。
私なんか、元から存在しなかったことになればいいのに。
もう我慢することも、耐えることも、努力することも、疲れた。
疲れちゃった。


でも私が自分で歩みを止めることは、「希薄で軽薄な人間」がすることと、やっぱり同じなんだろうか…。
スポンサーサイト
[ 2005/08/21 03:50 ] 日々アレコレ。 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

英 侑良

  • Author:英 侑良
  • ●だんだら、ゆらら...はリンクフリーです。ついでにトラックバックもコメントもフリーです。ただし著作権は放棄しません。
    ●twitterはじめました。dandarayurara。たまに呟いてるかもしれません。
ブロとも申請フォーム


現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。