だんだら、ゆらら…

月がとっても青いから、遠廻りしてかえろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やっちゃいけないだろ。

以前勤めていた会社の子と、ひょんなことから話をした。
すると色々事件が起こってたりして、かなりびっくり。
侑良さんもーびっくりですよ。

その中でもピカイチは、私の元上司Mについて。

Mが退社したのは知っていたし、私が退社する時点で、彼も辞めることは彼の中で決まっていた。侑良もM氏も、会社を辞める前から口に出さずとも個人での仕事をこっそりスタートさせていたし、(注意:大変な裏切り行為です。ばれたら即クビにもなりかねません。やめましょう)辞めたら1人立ちするんだろうってことは、なんとなく社員間では暗黙の了解だった。

ただ、M氏は家族の問題を抱えていた。

ちょっと奥様の体が芳しくなく、転地療養する必要がある。M氏はそれを理由に、というか転地療養で他府県へ行く、ということだったので、辞めざるをえない状態を作っていた。社長もそれは知っており、近々辞めるだろう、ということは了承していたのだ。

で、侑良が辞めた半年ほどたった頃、M氏は退社した。

あれから2年。ひょんなことから聞いた、M氏の真実に侑良は衝撃を受けた。なんと彼は他府県へ行ってはいなかったのだ。それどころか、奥様の話も嘘。確かに体は悪かったが、転地療養の必要はなかったとか。その上出版社を友人たちと立ち上げ、彼は編集長に就任していた。

それだけじゃない。

彼は、会社の人間を引き抜いていた。新しい会社に元の会社の人間をヘッドハンティングし、あろう事か元の会社と取引のあった、会社の人間までも引き抜いていた。

やりすぎでしょ、これは…。

これには極悪とウワサされる私の元勤めていた会社の社長、ピロリンも閉口。必ず辞めた社員の悪口を言い、潰しにかかるピロリンも、余程こたえたのか何も言わなかったらしい。アレだけ信頼していたM氏の痛烈な一撃。別にピロリンを気の毒とかは思わないのですが、M氏の神経を疑います。ちょっとそれはどうなのかと。

でもね、そういうことをすると、いつか絶対自分に返ってくると私は思うのです。いくらM氏が「他人に干渉しない主義」とか、自分を守り、他人を遠ざけ、飄々と生きるスタイルを気取っていても、きっといつか何らかの形で自らに返ってきて、あまりいい思いをしないだろうと。ま、しなくてもいいんだけど。


ちなみに侑良は正直に「実家に帰ってフリーライターになります」と言って辞めたクチ。狭い業界。嘘ついても仕方ないしね。ま、ピロリン&M氏に、辞めた後思いっきり悪口言われてたらしいですが(笑)
スポンサーサイト
[ 2006/04/24 19:39 ] 仕事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

英 侑良

  • Author:英 侑良
  • ●だんだら、ゆらら...はリンクフリーです。ついでにトラックバックもコメントもフリーです。ただし著作権は放棄しません。
    ●twitterはじめました。dandarayurara。たまに呟いてるかもしれません。
ブロとも申請フォーム


現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。