だんだら、ゆらら…

月がとっても青いから、遠廻りしてかえろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

漫画の登場人物の死。

今日も大好きANIMAXさんでやってる、「レディ・ジョージィ」をたまたま見てしまい、しかも今日最終回だったことから激しくあらすじが知りたくなってしまった侑良です。こんばんは、おはようございます。

で、なんとなーく得意のYahoo!さんにお伺いを立てていたんですが、検索に某巨大掲示板の漫画に関するとあるスレが引っかかってしまい、夢中で読みふけること数時間。懐かしさと、同意で胸に熱いものがこみ上げちゃいました。

私はかなり読み散らかしているので、題名を見て読んだ記憶はあっても、細部を覚えていないものも多々あり、これまたYahoo!さんに聞きながら記憶を掘り起こし掘り起こし見ていったんですけどね。ははは。頑張れ私の脳みそ(←物忘れ酷い)。

中でも、

「あまりの悲しさに、コミックス全部捨てちゃうほどだった」

つーのには、申し訳ないけどスッゲー笑ってしまった。あぁ、私も同じ思いを!行いを!若気の至りを!!

という訳で、私の少ない脳みその記憶容量で覚えている、泣けてしょうがない漫画。
以下ネタバレあるので、そこんとこよろしゅう。



ラストで、ほんとにあまりの衝撃に、私も死ぬかと思った。というか作者を呪いそうになった。いやその当時は呪ってたかもしんない。アッシュ!あぁ、アッシュ!(号泣)しばらくショックで立ち直れなかった。鬱になった。ヒマさえあれば四六時中アッシュのことばっか考えてたし。
そして実は高校のとき友人に借りて読んで、それ以来いまだに読めずにいます。それくらい悲しく、またどっぷりとはまりすぎてた。やばいほどに。現在でも本屋でうっかり「BANANA FISH」の黄色い背表紙を見るだけで、泣きそうになってしまう漫画バカがここに。

でもすんごいいい話です。面白い。
吉田秋生は天才だと思った作品がこれです。

次にあんまり知ってる人いないでしょうが…

人形師の夜 [少女向け:コミックセット]

これはやばい。鬱に入る悲しみ部門ではなく、感動とか愛情とかいう部分で泣いて泣いて泣きまくる漫画。侑良さんの涙腺をぐいぐいぐいぐい刺激します。どの話もわりと危険。どの話にも死人が出てくるし、今手元に本がないのでどれが一番泣けるかははっきり言えませんが、漫喫で読むのはやめといた方がいいかも。私は思いっきり嗚咽するほど泣いた話があったもので。鼻水もすごかったし。

あと東京BABYLON [文庫版:コミックセット]の北都ちゃんはもちろん、バナナとおじいさんの話でも号泣。心臓を鷲掴みにされたような息苦しささえ感じました。そして今でも私の傍らの本棚には並んでいる…と(笑)



途中もラストもとにかく人の死ぬところで泣いた記憶が…。もー勘弁してくれってくらい悲恋やすれ違いが多くて、すんげー泣いた。しかし意外に私の中での一番は、主人公一派が途中にかくまってもらう、旦那さんの帰りを待つ女の人のお話。旦那さんと奥さんの愛情に、激しく号泣。そしてその姿は私の理想の夫婦像に…。


ぼくの地球を守って [文庫版:コミックセット]は、当時は現代編じゃなく、月でのお話が好きで、月編がもっとありゃいいのに、と思ってたくらい。紫苑と木蓮の話はほんとにもう…。月編ラストの木蓮が死ぬとこはすんごい切なくて、紫苑の姿がたまらなかった。あぁ、ほんとにたまらない。


海の闇月の影 [少女向け:コミックセット]も、流水の最後に、本気で泣いたし、本気でもっと他に方法はなかったのか?とかしばらく悶々としてた。授業も聞かずにそればっか考えてたなー。ジーンの哀れさもなんともいえんものがあったし。

天よりも星よりも [少女向け:コミックセット]闇のパープルアイ [文庫版:コミックセット]、の最後も辛かった…。


他にもマイナーな作品ですんげー泣いた覚えがあるんだけど、いかんせんさっぱり作品名を覚えていない、つるっつるの私の脳。みなさま興味がわきましたらぜひ!(ってこんな文章で興味わくかい!)

しかし上記に上げたものを読むと、悲しみで今でも鬱になりそうだよ私。大丈夫なのか私。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

英 侑良

  • Author:英 侑良
  • ●だんだら、ゆらら...はリンクフリーです。ついでにトラックバックもコメントもフリーです。ただし著作権は放棄しません。
    ●twitterはじめました。dandarayurara。たまに呟いてるかもしれません。
ブロとも申請フォーム


現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。