だんだら、ゆらら…

月がとっても青いから、遠廻りしてかえろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

一生懸命生きてない。

「アンタは何に対しても一生懸命してない!
 仕事もなにも。
 そのだらけた生活態度。
 ほんま、見てたら腹が立ってしょうがない!
 お前みたいなヤツには、バチが当たるわ!」



と、母親から言われた侑良。
この年になって、ほんまお恥ずかしいことで。
当の本人はというと、

じゃ、見いひんったらええのに。
家追い出したらええのに。

…というか、追い出してくれ。
そしたら心置きなく東京で就職するんやけど。

と思ってるわけです。
あとなんで「バチがあたる」なんて言われなアカンのかなと。なんかあったらいわはるけど、心底うっとおしいわ。

ことあるごとに「ごくつぶし」だの「人間のくず」だの「価値のない人間」だの「どこそこのだれそれは素晴らしいのにお前は」だの、そんなことを言われて育ったから、こないに歪んでしまった(愛情や恋愛観が歪んでいるらしい)と思うんですけど。

ちなみに上記の暴言は、私の成績が悪かったりしたときに、キックやパンチと共に飛んできたもの。えぇ、どつきまわされましたとも、母親に。それ以外にもいろーいろあったけど、実はあんまりにも辛すぎて、中学高校のころの家での記憶が、あんまりない。人間って辛すぎたら記憶消去するんやね。すげー。
えぇと話を元に戻して。
なんで最近そんなにやる気がないのかというと、

「生きててもなーんも楽しくない」

とずっと思ってて。
それが親にもなんとなくわかったんやろな。
そらこれだけ何に対してもやる気のない態度見てたら、分かるか。

あっでもサッカーに対しては異常に真剣(笑)
最近それだけやな、情熱を傾けてんの。

五体満足に育ててもろて、きちんとした学校にも行かせてもろて、4年生の国立大学まで出て、立派に?大きゅうしてもろたんはほんまにありがたい。なので軽はずみなことはできへんなぁと思ってはいる。かといってこのまま家のためにこの地に残って、果たして何か見つけられるやろか?といって自分の道を強引に貫き通して、果たして親は、家は大丈夫やろか?

・・・・・・。

あぁ、しんどいなぁ、ほんまに。

なんで私は家を継がんならんのやろう。

なんで私は女やねんやろ。

なんで私は結婚できへんねやろ。

あぁ、しんどい…。

ほんま、しんどいなぁ…。
スポンサーサイト
[ 2006/07/14 03:44 ] 日々アレコレ。 | TB(0) | CM(2)
こんにちは♪
そのだらけた生活態度。
ほんま、見てたら腹が立ってしょうがない!

これは、常々19才の娘に思っていることでもあります。
でも、うちの娘、何故か運が良くて
お前みたいなヤツには、バチが当たるわ!
とは思えなくてv-13
結局、親は期待をしているから‥なんでしょうかねぇ‥
期待していなかったら、どうでもいいですもんね。
[ 2006/07/16 15:03 ] [ 編集 ]
たぶん

「今時の若いもんは!」
「最近の子の服装は!」

と同じ原理なのではと思うのです。
「その昔内容は多少違えどアンタもいわれとったやろ!」と思ってしまいます。

期待をしている…というか、この先私がどうなってしまうのかが心配なようです。親が死んだとき、生きていかれるのかどうか。

バチが当たれ!このくそばか娘!

と言いながら、異常に過保護という訳の分からない両親なんですよ。もう本当にどうしたらいいのか。

ただ、さぼてんさんの娘さんと私を一緒にしてはいけません。娘さんにそれはそれは申し訳ないです。えぇ、私はのんべんだらりと生きる悪しき生き物ですから(笑)
[ 2006/07/19 01:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

英 侑良

  • Author:英 侑良
  • ●だんだら、ゆらら...はリンクフリーです。ついでにトラックバックもコメントもフリーです。ただし著作権は放棄しません。
    ●twitterはじめました。dandarayurara。たまに呟いてるかもしれません。
ブロとも申請フォーム


現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。