だんだら、ゆらら…

月がとっても青いから、遠廻りしてかえろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

親知らず、再び。

右側に続き、左側の親知らずともお別れするため、昨日病院へ。
右側が30分足らずで二本抜けたため、「左側はちょっと大変かも」と言われたものの、かなり気楽に構えていた。

後にそれが大間違いだと思い知る………。

今回担当してくれたのは、イケメンドクターT。こんな口かっぴらいて鼻毛まで見える場所で出会うなんて!と自分の不運を呪いながら、「いやいやしかしここで会ったのも何かの縁。誰のツテで紹介を…」と不純なことで頭はいっぱい。しかしこのイケメンドクターT、処置前に事細かに今から行う処置について説明してくれる。はっきり言ってありがた迷惑!

「今から歯茎を切ります。すると顎の骨が見えます。親知らずが顎の骨に埋まっている状態なので、骨を削り、親知らずは割って、分割して抜きますね」

お蔭様で若干恐怖を覚える。こんな恐怖は久々よ☆先生可愛い顔してやるじゃない。

………まじで走って帰りそうになった。

そんな気持ちを押し殺し、いざまな板の鯉へ。なるように、なりがれ!

いよいよ椅子が倒され、消毒後、麻酔。歯茎をつんつんされ、感覚確認。この時点でまだ顔に手術用の紙がかかってなかったため、処置が、器具が見える!迫り来るメスの気配。早く、早く顔に布を~!メスはみたくないー!!!腹を切るのは平気でも、口の中は想像だけでおっちんじまうだよー!それに間抜けな口ぱっかー顔を、そこら辺中の学生に見られながらなんて、耐えられないー!(*大学病院で抜いたので、そこら辺中の学生が覗きにくる。助教授に抜いてもらったときは、本当に黒山の人だかりだった。まじ死にたくなった)どんな羞恥プレイー!アグレッシブー!

「ぱさっ」

………かけてくれました。


「はい、じゃぁ切っていきます~」
言わんでええ。

さくさくっと歯茎を切って、周りのものとシコシコ剥離。ちょっと削って、歯をぐりぐり。

ゆらの歯、びくともせず。

再びチュインチュイン削ることしばし。歯を抜くための銀色の器具でぐりぐりぐりっ。

やっぱり、みしり、ともいわず。

この辺りから、暗雲が立ち込めはじめた。なんとか上部は取れたようだが、根っこが取れない。イケメンドクターTふんががと格闘するも、ゆらの歯は抜けるのが嫌だと駄々をこねる。

削る→引っ張る→揺する→頑固→諦め→削る→引っ張る…

エンドレス!

「おかしいな…血が出てこない…」

イケメンドクターTの呟きもつぶさに聞こえる。なんたってマウストゥーマウスの至近距離。

激しい頭痛に襲われるは、口角を激しく引っ張られて痛いは、イケメンドクターTの指が顎下のツボ?にクリティカルヒットで悶える程痛いは、あまりの抜けなさ加減に途中から神に祈り始めた侑良。顎が砕けるか、顔が変形するか、頭の血管が切れるかして、無事には帰れないと思い始める。そして同時にここら辺から妄想が広がり、他の歯がどうにかなるか、顎がどうにかなるかして、「もうお嫁にいけない!先生責任とってよ!」って親まで出てきて詰め寄るシーンまでたどり着く。しかしそんな私を現実に戻すものが。なんと

歯 茎 が 痛 く な っ て 来 た !

麻酔が切れかかり、じわじわと襲いくる痛み。まさに生き地獄。妄想どころじゃない。と、そのとき。

「スタートからどのくらい?」

イケメンドクターTの上司とおぼしき医師がやって来た(気配)。

イケメンドクターT「一時間です」
「サポートに付こうか?」
もー是非!

と言うわけで、医師二人掛かりとなった私の左下親知らず。上司J(仮名)は侑良の惨状をみたとたん、

「これはここ削って根を取ろうとしたんやね?」

えぇぇぇ~!イケメンドクターT大丈夫?!間違ってたんやないん?ちょっとちょっと、って

いたたぁ!

しずしずと手を挙げ、痛みを訴える侑良。お終いには
上司J「ここが痛い?」
侑良「いやもう全体的に…」

っー始末。たぶん私麻酔すごく使った。何回追加で打ったことか。

やけっぱちに、麻酔三本持ってきといてっと指示する上司J。なんでもいいから抜けて欲しいと思ってたのは、きっと私だけじゃないはず。

そんなこんなで上司J格闘することしばし。やっとこ抜ける。イケメンドクターTが抜いたとこ掃除して、縫合。なんと6・7針縫った。しかも麻酔が切れかかってるところを縫ったから、痛いし針の進入も糸のこすれも感じてこれまた悶絶。そして出来上がったフランケン左下奥歯茎。

即痛み止めを処方してもらい、(なにせすでに痛かったから)その場で飲んで帰宅。死んだ方がましなくらい痛いとみんなにメールを打ちまくり。

今日わかったこと。

イケメンドクターTは超サディストでした。
スポンサーサイト
[ 2006/07/21 10:45 ] モブログ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

英 侑良

  • Author:英 侑良
  • ●だんだら、ゆらら...はリンクフリーです。ついでにトラックバックもコメントもフリーです。ただし著作権は放棄しません。
    ●twitterはじめました。dandarayurara。たまに呟いてるかもしれません。
ブロとも申請フォーム


現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。