だんだら、ゆらら…

月がとっても青いから、遠廻りしてかえろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オレオレ詐欺。

関西人はオレオレ詐欺に引っかかりにくいご様子で。

確かになんか判る気がする…。
おっさんもおばはんも、引っかかりそうにないもんな。
アノ圧倒的なパワー。
私やったら関西人はターゲットにせんわ。

かくいううちにも、時代の波に乗り遅れることなく、オレオレ詐欺電話はやってきた。

それはある昼下がり。
侑良母がたまたま家にいたところ、かかってきたという。

電話の主(以下D)「もしもし、僕、貴明(侑良兄の仮名)だけど…」
侑良母(以下H)「はぁ?」
D「だから貴明だよ、母さん。」
終始沈んだ声音の貴明(仮名)。
H「どちらの貴明さん?」
D「だから貴明だよ」
H「………」
D「母さん、僕さぁ…」

H「あんた、何言うてんの?」

D「えっ?!」

H「貴明、うちにおんで!あほなこといいな!!」(貴明はうちにいます。バカなこと言わないで)

と侑良母電話を切ったらしい。
そんな面白電話、私にも代わっておくれよ。
そしてお分かりでしょうが、本当は貴明は家におらず。
東の方でせっせと会社に勤めているはず。

侑良母いわく
「面倒くさいから、即切った」
そうな。
強いよかーちゃん。

しかしどこから突っ込んでいいかわからないよ。
まずうちの兄は、自宅の固定電話に電話かけてくることはない。
滅多に誰も出ないから。
そして自分のことを

「僕

なんて気味の悪い呼び方をしない。
そして何より、

「母さん」

なんて呼ぶところを、小学校以来ついぞ聞いたことがない。
やめて頂きたい。
想像しただけで、薄ら気味の悪い。


一番の決め手は
「なんかあったなら、ヘタレの極みみたいななさけな~い声でかけてくるし。それに息子の声間違えるわけないやん!」と母談。



その後もう一度リベンジしてかけてきたらしい。
懲りないねぇ………。

スポンサーサイト
[ 2006/09/25 18:49 ] 日々アレコレ。 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

新手のオレオレ詐欺に注意
新手のオレオレの手口は?!
プロフィール

英 侑良

  • Author:英 侑良
  • ●だんだら、ゆらら...はリンクフリーです。ついでにトラックバックもコメントもフリーです。ただし著作権は放棄しません。
    ●twitterはじめました。dandarayurara。たまに呟いてるかもしれません。
ブロとも申請フォーム


現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。