だんだら、ゆらら…

月がとっても青いから、遠廻りしてかえろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

STEP 後半 ver.近親相姦?!&秀才眼鏡

step ~二人の関係は一歩ずつ~ step ~二人の関係は一歩ずつ~
Windows (2006/12/15)
AMEDEO

この商品の詳細を見る



これのプレイ記後半です。

前半は

●八口一
●鬼頭大

のクリア後感想でしたが、

後半は

●いとこのおじさんで担任教師
●幼馴染の超秀才美麗眼鏡


です。
………。

ごめん、後半2人の名前忘れた。
去年のうちに終わらせて、売ってしまったので、もう手元にも…。
なので気になる人はメーカーさんのHPへ。
AMEDEOとんでけ。


………あぁ、URL調べてついでに調べたら判明。

●いとこのおじさんで担任教師→楢崎浩太
●幼馴染の超秀才美麗眼鏡→雨羽夕

でございました。

そういや「ゆうくん」とか言ってた気がする…。

ま、そんな感じ。

全体的にはやりやすいのではないかなと。(ナニではなく、取っ掛かりやすってことで)
CGはキレイだし、軽い感じのお話だし、全体的に明るい雰囲気なので、そう身構えることもない。

ですが大変残念なことに、

私のツボはここじゃないT-T


ということでしょうか。
でも再三言うようですが「夢をもう一度 / Windows」でもない(笑)

期待していた?大人の男、楢崎先生もさっぱり燃えることなく、秀才眼鏡はもう駄目もうだめなのよぉ~!という私には決定的に駄目なポイントがあって、涙を飲みました。(そこまで?)

楢崎先生の場合、私にはどうしても

「幼女を手篭めにするおっさん」
としか思えず(ファンの人、ごめんなさい)、どーーーーしても受け入れられない。はっきり言ってキ・モ・イ。別にいたずらされた過去があるわけではないんですけど、どーしてもそーしてもあーしても、生理的に10も下の年端もいかない子どもをあれこれするのは受け付けません。(これはゲームに限らず)しかもこのゲームに関しては、生まれたときから知ってる姪を、10年くらい会ってなかったにしても、いきなり「チョメチョメしたい女」に見ちょる点。

なんばしょっとかーーーーー!!!!!


…おぇ。

ということですよ。同級生とかなら、まだ話はわかる。青い春ですから、そんなこともあるでしょうよ。あってはいかんけど。もしくは妙齢の男女とかなら、10年離れててもなんとも思わないんですけど。

ただこのゲーム、生々しさがない。
いたってほんわかオブラートに包まれた、少女漫画☆って感じでしょうか。


あぁ私の心は汚れきっちゃったんだなと、思い知らされました。
どうもありとう。
成長の一端を感じました。


で、以下はプレイしていない人見ないように。
ネタバレがあっても知りません。
●楢崎浩太

もうこの人は上で出尽くしちゃった感はあるんですが、一言だけ。

いきなり仕事も家族も何もかも放り出して、
ポッと出の姪と逃げるなんてありえねー。


自分のことはもとより、その後の残された家族のこととか考えると、とてもそんな無責任なことできません。
夢物語だから!!と思うものの、
そんな夢も見られなくなった●●才…。


お待ちかねのHシーンのことは…忘れました。
きれいさっぱり覚えてません。

なんだったっけ…。
うーんうーん…。

。。。。。。。。。。。


ま、そんな感じ。


●雨羽夕

冷たい感じの、優等生眼鏡。
外見的には好みで、いいじゃないいいじゃない。唯一いい感じかしら?と思って挑んだけど、

なんだろ。このめんどくささは。

みたいな。
付き合えないと思う、この人とは。

私は恋愛は嗅覚というか感覚的なものですると思っているので、

「キスしていいですか?」

とか聞かれたらすんごく嫌。嫌ったらいや。
聞かれてもいい場合、というかむしろ燃えるシーンもあるけど(何の話やねん)、あんな普通のキスシーンで聞かれると、一気に現実に引き戻されるというか、大和撫子の恥じらいというか…が顔出してしまうので、とても素直に

どうぞ、ちゅ~

とはならんと思うんです。あっはっは。

ま、そんな私の変態思考はおいとくとして、


雨羽夕が一番良かったです。

話が違うやん?!とお思いでしょう。でも私は夕が一番良かったです。

同級生で、頭もよく、容姿端麗で、優しく、主人公を心底思い愛し、なんの障害も心配もない。(若干夕側の家庭の事情はありますが)
これに尽きます。

ま、そんなこんなで。
次は何しようかな。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

英 侑良

  • Author:英 侑良
  • ●だんだら、ゆらら...はリンクフリーです。ついでにトラックバックもコメントもフリーです。ただし著作権は放棄しません。
    ●twitterはじめました。dandarayurara。たまに呟いてるかもしれません。
ブロとも申請フォーム


現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。