だんだら、ゆらら…

月がとっても青いから、遠廻りしてかえろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

凛子嬢出演*バベル*

封切前からオスカー受賞やらなんやらかんやらで話題騒然だった映画

バベル

見てきました。見に行くの、嫌だったんですけどね…。大体大げさに騒ぎ立てるオスカームービーって大概期待はずれだし。どこがええんや?!だから何?!と思うの多いし。そんな不安を胸に抱きながら映画館へゴー。封切られたと同時に、見てたら気分が悪くなった、ということでも話題になったバベル。2時間ちょっとありましたでしょうか。




あぁ、長かった。。。

という一言で私の感想はおのずと知れるところでしょう。
本音を言うと苦痛ですらありました。見続けることが。
だってつまんないんだもん。

なにがってアナタ。
まーとにかく

オナニー

映画で。
監督もオナニーなら脚本家もオナニー。
もう彼らの自己満足の世界ですよ。
私達置き去り。
しょっぱなから、姉の着替えを覗く弟という近親相姦な倒錯的覗きプレイでスタート。かつそれをおかずにして一人エッチする弟のシーンへと流れ。


………何の意味が?
このオナニーに何の意味が?


何かの伏線かとも思ったのですが、そんな伏線…ねぇ?回収したところで…ねぇ?

そして一躍世界のリンコへと駆け上がった、オスカーノミネート菊池凛子嬢といえば、なんだろ。確かに聾の演技は上手だったんだと思います。が、それよりもなによりも演技云々言う以前に、


菊池凛子の役の人って欲求不満の変態女?


という製作者の意図しないであろうことしか目がいかず。なにせ見終わって一番に出た言葉が

「変態女」

ですからね。AV見たわけでも、エログロ映画見たわけでもないのに。なんだこれ。でもそうとしか見えなかったチヤコ(凛子嬢)の行動。ナンパしてきた男に、聾であることを奇異の目で見られたチヤコは、怒り狂ってトイレでパンツを脱ぎ、レストランで目が合った見知らぬ男に股開いて局部をチラ見せ。また好みの刑事さんを夜中呼び出して裸で迫るなどなど、思春期のファンタジー溢れる映画です?


ごめん正直ドン引きでした。
なんでそんなにこの話にエロが必要なのか、さっぱりわからなかったし。つーかブラピはどこ?!みたいな仕上がりです。ブラピファンは要注意。ブラピはただただ嫁が撃たれてオロオロイライラしてるちょい役です。もっとかわいそうなのはケイト・ブランシェット。撃たれて、ただひたすらうめいて、寝っころがってるだけ。お漏らし付。しかもブラピ以上にちょい役。

主役は間違いなく色情魔チヤコ役リンコ嬢だと思います。リンコ鬼気迫った顔で凄く怖かったし…。

うたい文句は凄く面白そうだっただけに、期待外れのガッカリ感は計り知れずのようで。後ろのカップルが終始

「わからん、、、わからん、、、難しすぎる、、、」

と呟いていたのには、たぶん今一緒に見てる人、ほとんどそう思ってるよ、と勝手に心の中で力強く同意してました。ほんとわけわからん映画やったし、何が言いたいのかさっぱり伝わってこない中途半端な話でした。あれもこれも詰め込みすぎ。話の的を、ブラピの話の方に絞って作ったほうがよかったんちゃうかと思います。そしたらもっと深みもでたんじゃないかな。

この映画でよかったのは、ブラピの子供達の乳母役の人。

ちなみに気持ちが悪くなった人がいる、というチカチカですが、私は平気でした。でもすっごいチカチカ具合でした。びっくりした。ただしそれよりも、リンコ嬢がブランコにのってるシーンがあるんですけど、その映像の方がよっぽど気持ちが悪くなりました。あれは三半規管が弱い人は直視しちゃダメよ。


しかしサンチャゴ(乳母の甥)はどうなったんだろ。それが一番気になるわぁ。
スポンサーサイト
お久しぶりです♪
こんにちは!
そうなんですか‥
ちょっと興味はあったんですが
やめた方が良さそうですね~

映画といえば、先日レディースディに観た「クイーン」
前から3番目になってしまい
途中で気持ち悪くなって出てしまいました。
気持ち悪くなるような映画じゃないんですけど
三半規管‥かなり弱いですv-292
係りの人が代金を返してくれてラッキーでしたが
ちょっと映画館恐怖症になっています。
昨日テレビで見た「博士の愛した数式」
こういう映画の方が好みかもしれません。
[ 2007/05/20 10:39 ] [ 編集 ]
お久しぶりです!
あぁ!!私の感想でバベルのお客さんがi-282
人によっては面白いのかもしれませんから…どうしよう(笑)
でもほんとーに個人的意見ですが、
「気になるならビデオで十分」
とは思います。
「博士の愛した数式」が好みのさぼてんさんならなおさら。
少なくとも私と母は…なんだか胸が悪くなりました(苦笑)

クィーン見に行かれたんですね~。
私は気づいたら上映期間が終わってて、見そびれちゃいました。
さぼてんさんは途中で出ちゃったようで…残念でしたねi-182
映画は前の席だと辛いですよね。

それから三半規管が弱いなら、バベルの「ブランコシーン」はぜぇったいに直視しちゃだめですよ!
危険ですi-230
[ 2007/05/22 01:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

英 侑良

  • Author:英 侑良
  • ●だんだら、ゆらら...はリンクフリーです。ついでにトラックバックもコメントもフリーです。ただし著作権は放棄しません。
    ●twitterはじめました。dandarayurara。たまに呟いてるかもしれません。
ブロとも申請フォーム


現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。