だんだら、ゆらら…

月がとっても青いから、遠廻りしてかえろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

光市の母子殺害事件 概要と裁判経過。

事件内容は大々的に取り上げられたのでご存知の方も多いと思う。

排水検査という名目で家に上がりこんだ男に、いきなり襲われた本村弥生さん(当時23歳)は、必死に抵抗。犯人は抵抗されたため強姦から殺害に目的を切り替え、弥生さんを絞め殺し、息絶えた弥生さんを強姦。そのうえ泣きやまないからと、当時生後11ヶ月の本村さんの長女まで床に叩きつける、紐で首を絞めるなどして殺害するという凄惨極まりない事件。悪いことにこの事件の被告人(犯人)は未成年者(事件当時18歳)だったため、裁判の行方が話題になった。

被害者の夫本村洋さんは、犯人逮捕後からかな、よくテレビに出ていた。あれは相当な覚悟がいったと思う。妻子が殺害された悲しみのうえにまた、テレビなどに出ればいわれのない誹謗中傷も受ける可能性がある。それでも彼は必死で闘っていた。テレビで裁判などの続報を見るたび、会見を行う本村さんを見て「頑張れ頑張れ」と思っていた。本村さんは必死で妻子の無念をほんの少しでも晴らそうと、テレビで世論に呼びかけていたんだと思う。搾り出すようなその言葉は、言い古された言葉だが私の胸を打った。本村さんも被告が死刑になったからといって気が晴れるわけではない。しかし被害者家族の幸せをずたずたに引き裂き、弥生さんと性交渉がしたいという理由で2人もの命を残虐な方法で奪い、死姦したうえに財布まで盗み、事件後はゲーセンで遊んでいたという下劣極まりない犯人には、極刑意外には私にも考えられないように、彼もそう思ったんだと思う。

殺人は18歳だからといって許されることじゃない。私はこんな犯人死んで当然だと思っている。死刑はおろか、金属バットで一発ずつでも遺族に殴らせてあげりゃいいのにとすら思う。非人道的?ならその犯人が犯した獣にも劣る行為はいったいどうなのか。こんなやつ、また世の中に解き放って同じ犯罪を犯したとき、ふんぞり返って座っている弁護団は責任取ってくれるのか。

●裁判の経過
山口地方裁判所は、死刑の求刑に対し、無期懲役。検察側が控訴したものの広島高等裁判所は、検察の控訴を棄却。最高裁判所は、検察の上告に対し広島高裁の判決を破棄し、審理を差し戻し。

となって今回の5/24に行われた差し戻し審第一回公判口頭弁論につながるわけです。
スポンサーサイト
懲戒請求
こんにちは。同じ意見の方は他にもたくさんいらっしゃると思います。この弁護士達への懲戒請求のサイトを見つけました。書式もPDFであるから記入して弁護士会へ郵送するだけです。黙ってみていては弁護士達の思うツボです。私は微力ながら行動します。
[ 2007/06/06 20:41 ] [ 編集 ]
>李さぶろ様 コメントありがとうございます。

そうおっっしゃるなら、懲戒請求のサイトのURLを貼っていただけたらよかったのに…とずぼらな侑良は思っております。頑張ってください。
[ 2007/06/06 23:03 ] [ 編集 ]
懲戒請求サイト
懲戒請求のサイトはこちら→
http://www34.atwiki.jp/tyokai-seikyuu/
[ 2007/06/07 00:58 ] [ 編集 ]
>李さぶろ 様

ありがとうございました。
早速覗かせていただきます。
[ 2007/06/07 09:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

英 侑良

  • Author:英 侑良
  • ●だんだら、ゆらら...はリンクフリーです。ついでにトラックバックもコメントもフリーです。ただし著作権は放棄しません。
    ●twitterはじめました。dandarayurara。たまに呟いてるかもしれません。
ブロとも申請フォーム


現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。