だんだら、ゆらら…

月がとっても青いから、遠廻りしてかえろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

介助犬は杖じゃない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081212-00000062-mai-soci

採用試験で介助犬拒否


されたそうです。身体障害者向けに職員採用試験で。
非常に残念な事です。
配慮のなさ、認識不足が悲しい。

っつーかぶっちゃけ犬嫌いに配慮じゃなくて、介助犬なんて連れてる人がめんどくさい、ってことじゃないの?県が。

やだねぇ。

すっごくやだ。

ま、私は犬が大好きだから、介助犬だろうが家庭犬だろうが盲導犬だろうが、どこに犬がいても容易に受け入れるのかな、と思わんでもない。犬がいたら可愛いし(盲導犬や介助犬にむやみに触ってはいけません)、見てるだけでなごむ私なので、「犬ぐらいいてもいいじゃないか!むしろ職場に犬がいるとか最高じゃないか!仕事しねーよ」と思うんだよね。

それに、介助犬や盲導犬は、家庭犬とかとは違うんだよ。その人の体の一部。心の一部。盲導犬は法律に認められてる。介助犬だってとっとと認定してほしい。きちんと彼らの権利や地位や意義、働きを公に認めてあげろ。

あと。

「日本介助犬使用者の会」(宝塚市)の木村佳友会長(48)は「障害者の手足となってくれる介助犬は、目の不自由な人の白いツエと同じ。県は法律の普及をリードする立場でもあり、考えられない対応」と批判している。

とのことですけど、介助犬は杖じゃねーよ。
体の一部だよ。
その人を構成する一部だよ、と思う。
盲導犬もその人の目であって、心の支えであって、杖とは月とすっぽん。
まったくまるっとちがうってーの。

と思います。
スポンサーサイト
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/12/12 19:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

英 侑良

  • Author:英 侑良
  • ●だんだら、ゆらら...はリンクフリーです。ついでにトラックバックもコメントもフリーです。ただし著作権は放棄しません。
    ●twitterはじめました。dandarayurara。たまに呟いてるかもしれません。
ブロとも申請フォーム


現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。